会長のあいさつ

会長のあいさつ >> 記事詳細

2014/08/28

会長退任にあたり

| by
 会長退任にあたり
            御支援いただき、誠にありがとうございました
   

                                      前会長 横山 泉

 この夏の全国研究大会(静岡大会)をもちまして、会長を退任いたしました。
 平成18年の文部科学省委託事業
(学校財務に関する調査研究)を全事研が受け、それに協力員として関わらせていただいたのが、本部活動へのそもそもの始まりであったと思います。
 その後、副会長として2年、会長として3年、本部役員としてお世話になりました。ここ5年間で年間日数のほぼ4分の1は、全事研の本部活動や会長の渉外業務など活動をさせていただきました。これもひとえに、所属の教職員や、共同実施を含めた近隣の学校の事務職員、静岡支部の皆様、会員皆様の御支援の賜物です。心から感謝申し上げます。

 今、何よりも心に残っているのは、東日本大震災の後、全国の会員の皆様からいただいた、心のこもった多額の募金を持って、福島支部・宮城支部・岩手支部を訪問させていただいたことです。その折、岩手県の海岸沿いを案内いただきました。発生後かなり時間は経ってはいたものの、その光景に、カメラのシャッターを押すことすらできなかった、心の痛さを鮮明に覚えています。
 すでに3年以上も時間は過ぎました。三陸鉄道の全線開通などうれしい復旧のニュースはありましたが、震災前の生活に戻るには、まだまだこれからではないでしょうか。一刻も早い復旧・復興をお祈りいたします。

 本部活動においては、第8次研究中期計画の策定、本部組織の改編・改編後の運営、文部科学省の委託事業の実施や他団体との連携による調査研究、第2期学校事務のグランドデザインの策定などに取り組ませていただきました。理事、OBや協力員の方々のおかけで、これらをまとめることができました。

 今後も、鳥本安博新会長のもと本部・支部、役員・会員一体となり、「子どもの豊かな育ちを支援する学校事務」のミッション達成に、皆様とともに尽力してまいりたいと思います。 これまでの御支援・御協力に、あらためてお礼申し上げます。
 


09:18